kakapo なお

なお&ななななな kakapoせっけん kakapo

2012.10.16.Tue

関西お土産

東京に行くバスの中です。
今日は高速道路の集中工事があるらしいので、時間かかかること覚悟の上であります。

お陰様かどうだか、ブログを書く時間がたっぷりあるので、ここぞとばかりにがんばってみようかと思います。

しかしよい天気です。なぁ。

久しぶりの関西はやっぱり鴨川 よかったです。

最近はライブが続きました。
ライブはひとつひとつどれもわたしにとってすごく大事です。
だから物忘れの多いわたしもかなり覚えています。

ライブの感想はあれこれいうのは好きでないけれども、大事な時間を過ごせたことに毎度うれしい。
ありがとう。

なんとなく記憶になんども現れるのは、なんともいえぬ髪型とサングラスでお会いして、はじめてわたしと目があった瞬間(サングラスなんで正確には目はあってはいないのですが)
に いろんなことが伝わってきたラママの方。
人って
たたずまいでもいろいろ伝わるもんなんだなぁーって改めて思ったのでした。
関西の天気はよかったので
鴨川にオオサンショウウオが流されてきていないかもっと長くみていたかった気がしました。

岡崎周辺を再開発しようとしていて、
岡崎レッドカーペット というイベントに、税金2億円使ったというはなしを聞いて頭がクラクラしたりもしました。

そして関西でのお土産は

太陽発電のソーラーパネル♪

うれしい!
久しぶりに自分のためにビックな買い物をしました!

のこされ島の川崎さん、←ガンジーさん に
ワークショップをしてもらいました。
そしてついに手にいれましたー!
小さいけれど、がんばってもらいます。
あぁ、ありがたや~

高校生の頃
「原子力発電を立てるお金があれば、
とっくに全ての家にほとんどの電気をまかなえるソーラーパネルがついていた」というのをしって

税金のお金の使い方のアホらしさに、高校生ながらにあきれたのでした。

そして、わたしの大手企業嫌いに拍車がかかったのであります。

太陽の力はほんとすごいことであります。

うちは、黒い袋に水をいれて、あっためてお風呂に使ったりする家だった。
すごいでしょう?そんなんだからなおさら晴れている日にはなにか干さなくっちゃ、という衝動にかられます。

わたしが長野で小さなストーブだけでくらした極寒の一冬。
その冬が終わって春の太陽がきてくれたとき。
ほんの一瞬だけでも、あのやわらかいあったかさがふりそそぐ瞬間。それを思い出すと、感動して涙がでる。
あのあったかさをみんなが知ったらほんとに変わると思う。

でもわたしも、一年後に普通のストーブを買った。そうしたら春がきたときの喜びがかわった。

そうやって人って退化していっちゃうのかな、
ふと、思った。
気をつけたいわー。
またあの極寒の一年に戻れるくらいに成長しなきゃ!

はなしがそれたけれども、
そんなこんな、ソーラーパネルをもって東京へ。
バスのトランクに入れちゃったけれど、むしろ今ここで広げたいくらい。
めっちゃ晴れてるやん






















京都会館を修理せず、もっとお金を使って建て直しちゃうとか、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kakapo3.blog.fc2.com/tb.php/42-c00b0539

 | HOME |