kakapo なお

なお&ななななな kakapoせっけん kakapo

2014.04.18.Fri

4月 kakapo企画 ◎出展者さんご紹介◎

今回出展していただいている方たちのご紹介です。


刺し子 サブロク家さん
青森で畑などをやりつつ刺し子をしていらっしゃるサブロク家さん





今回は刺し子のゴムがたくさん☻
ついついめうつりしちゃいます。





麻布の目をうめて少しでもあたたかく、丈夫にするために生まれた暮らしの知恵「南部菱刺し」を中心につくっていらっしゃるそう。

そしてサブロク家さんと一緒に東北から参加してくださいました。

アイヌ語で「たからもの」
を意味するという
ikor(イコロ)さん








アイヌ文様刺繍 に北海道でであってから20年だそうです。

自然の中にある形を生かしてできた文様。
魔除けの意味ももつそうです。

わたしはちょうど先週白樺の木の枝を切ることがあって
アイヌの方たちが昔から飲んできたという白樺の樹液をいただいたのです。
ぐんぐん木たちが伸びる今の時期だけとれる白樺樹液はほんのり甘くて、
大地と暮らすアイヌの文化のことをちょうど考えていたのでした。
ほんとうに頭が下がる文化なんです。

そんな文化から生まれた刺繍。
ikorさんは伝統的な文様に自分らしさをプラスした作品づくりを心がけているそう。



(こちらは非売品)


そして三人目の東北からの方は、
中川想品店さん

なんとも愛くるしいフェルト小物たちがきてくれました。



とりっこたちも~



ブローチになっています。

キーケースたちも



そして

豆盆栽 まめぼんさん

まめぼんさん
豆盆栽 のおかげで、なんだかよい空気。

林でみる木たちとは
違う、
盆栽には盆栽の奥深さがあるのですね~、なんとまぁ、と一人で感心しております。




お水やりの基本は
「表土がかわいたら鉢穴から水が流れ出るまでたっぷりあげる」
だそうです。

苔もまたかわいいです。




波平さんがはまるのもわかります。




そして今回急遽参加していただきました。
わたしの音楽友達の藤井貴子さん 。

ライブ 絵をもってきてくださいました。
ライブなどのフライヤーの原画、そして金閣寺もおります。










土曜日のお昼ころ
ポストカードももってきてくださるそうです。


ロケットバナナさんのボタンの古物再生と大塚卓さんのトンボ玉もちょこっとですが届きました♪







そして毎度おなじみの
お菓子屋ボタンさん


ちょこっとづつ楽しめる、お菓子セットも届きました!




日曜には前回大好評だった ロールケーキとタルト
もってきていただけることになりました。
日もちがしないので、
今回は4/20(日)・ 4/21(月)だけの販売を予定しています。

今回の限定販売は

●きなことあんこのロールケーキ 
●イチゴジャムロールケーキ
●あんずとレモンのタルト

なんとも 楽しみです^^

予約したいっ!という方がいらっしゃったら 
kakapo-soap@live.jp にメールお送りください


みなさまのお越しおまちしております





写真 2013-10-27 12 39 15 - コピー





* 4月 kakapo企画 *

下町の一画で1週間

手づくりのものたちが集まったお店をオープンします

お散歩がてらお立ち寄りいただけたらうれしいです

●開催日時●



2014

4/16(水) - 4/22(火)

 12:00~21:00 



●場所●

Rental gallery & shop "Artco"

東京都北区滝野川 6-83-1



【アクセス】

JR埼京線「板橋駅」東口…徒歩3分
都営三田線「新板橋駅」A2出口…徒歩5分



●出店●



中川想品店 (羊毛小物)

ikor  (アイヌ刺繍)

サブロク家  (刺し子)

お菓子屋ボタン (焼き菓子)

まめぼん    (盆栽)

藤井貴子  (絵)

kakapoせっけん (オリーブせっけん)
スポンサーサイト

コメント

2014.04.19.Sat

偶然ですね!

ご紹介ありがとうございます。
ご縁があったのですね!
白樺の話は聞いたことがあります。
私は、体験したことはありませんが。

アイヌ研究をされている方とお仕事をしていた時期があります。
深くアイヌの方々と接してはいませんが、不思議な力を感じたり、体験談を聞く事がありました。
自然と共に生きる。今、見直されている気がします。

手仕事の力を感じてもらえる展示期間になるといいですね。
週末、足を運んでくださる方が楽しんでくれたら嬉しいです。
2014.04.23.Wed

白樺の樹液*

ほんのりあまくて わたしにはうまいこと表現できない味でした。
でも 木からいただいているので いとおしくかんじました。^^

手仕事のちから ほんとうですね。 この企画展は普段は あまり手仕事にも触れていないかたたちもみにきてくださる気がするので そこがとてもうれしいのです。

自分で 見て 触れて 使ってみて 気が付いてくれることがあればなによりです。

ひとはりひとはりの刺繍 お送りいただけて ほんとうにありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kakapo3.blog.fc2.com/tb.php/325-74ca48af

 | HOME |